本位牌はいつまでに用意するのか?

最近はまた一段と日中と夜との気温差が大きく皆様お身体には十分お気をつけください。

 

さて本位牌はいつまでに用意すればいいのか?お客様から聞かれることがあります。

 

そもそも本位牌とは何なのか?四十九日の忌明け後に仏壇に祀られる位牌が本位牌になります。

 

塗位牌や唐木位牌、最近ですとモダン位牌と呼ばれるものがこれに当たります。

 

この本位牌は地域によって多少の違いはありますが四十九日までにご用意するのが一般的です。

 

四十九日とは七七日のことで、死後の霊の行き先が決まる日とされており、この日を境として白木位牌から本位牌に代えます。

 

仏教の死後観では四十九日がひとつの境となります。

 

死後7日ごとに生前の罪障審判があり、7回目、つまり49日目の審判で次に生まれ出るところが決まります。

 

この49日間を中有(ちゅうう)と呼びます。

 

ちなみに35日目(五七日)は閻魔大王のお裁きがあるために、初七日、四十九日と並んで五七日は重要な法要とされています。

 

少し話がそれてしまいましたが、このような意味合いから四十九日までにご用意します。

 

彫刻には1週間~10日ほどかかるのが一般的になりますので四十九日の2週間前くらいには注文されるとよろしいかと思います。

 

 

 

~・~・~・ふたきやは、手を合わせる人の思いを大切に、 一作、一作心を込めてお作りします。~・~・~・

 

◇お位牌通販のふたきやネットショップ

ブログ用店舗小

 

 

 

 

 

◆ふたきや 秩父店

〒368-0022

埼玉県秩父市中宮地町25-22

TEL:0494ー24ー4169

E-mail :info@futakiya.com

 
◆ふたきや 東松山店

〒355-0014

埼玉県東松山市松本町2-1-46

TEL:0493ー23ー4431