孫の気持ちは・・・

こんにちは、東松山店の浅野です。

朝から寒くて外の落ち葉を掃除する手も冷たいです!毎年この季節は大変ですね。

今日は、お位牌をお探しにいらっしゃったお客様から聞かせて頂いた、心が暖かくなるお話を書かせて頂きます。

私も沢山のお位牌のご注文を受けさせて頂いていますが、初めての体験でした。

風呂敷からそっと白木位牌を取り出され、お戒名を見せて頂こうとた瞬間!私の目に飛び込んできたお位牌は

カラフルな色合いのシールがお戒名を取り囲むように綺麗に貼ってあり、上にはリボンのシールが貼ってありました。

思わず「綺麗ですね!」と言ってしまい「.そうでしょう!」とお爺ちゃんも答えてくれました

「こんなお位牌見るのは初めてでしょう!」と話されお話を聞かせてくれました。

亡くなられたのは奥様で、ご葬儀も沢山のお孫さんがお見送りをされ「寂しい気持ちはあるけど賑やかにおくれたから良かったよ」

と話され、このシールは一番小さいお孫さんから「お婆ちゃんは何処にいるの?」と聞かれ白木位牌とお骨箱を見せて話したところ

小さいので理解出来なかったのかなぁ? お位牌とお骨箱に自分の好きなシールを貼り始め、最初は親戚の人が止めたところ

「お婆ちゃん可愛くしてあげるの!」と言って真剣に考えながら貼っていたそうです。

「本当は、ダメだと思うけど婆さんも喜んでると思うよ!」と微笑んでいました。

それぞれの思いが沢山詰まった白木のお位牌で、私も忘れられない出来事になりました。

これからも色々なお話、情報など お話出来たらと思っています

ご意見、ご質問など有りましたらお気軽にお尋ねください、お待ちしています。