お位牌の文字入れ方法と種類について

いつもふたきやブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

2月も半ばに入り、だいぶ日がのびてきましたね。

朝晩はまだ寒いですが、日中は日差しがあたたく感じられるようになりました。

このまま暖かくなるといいなぁと思いますが、これから花粉の季節になるかと思うと

少し憂鬱な気分になります(^^;)

 

今日は、最近よくお問い合わせいただきます、文字入れの種類について書かせていただきたいと思います。

 

まず、大きくわけて3種類の方法があります。

 

1.機械での彫刻(彫って色を入れる方法)

2.機械での書き込み(文字を転写する方法)

3.手書き ※別途料金が掛かります。

 

彫刻の場合、お位牌の表面には彫った跡が残ります。

書きの場合は、表面は平らなままです。

 

お好みに合わせてお選びいただけます。

ちなみに、最近は8割の方が機械での彫刻を選ばれています。

利点としては、彫刻されているので、文字が消える心配が無いことです。

また、長い年月で色が抜けてしまった場合でも、色を入れなおす事が出来ます。

 

彫刻の場合、文字の種類もお選びいただけます。

1.彫りA書体(楷書体)← 標準書体

2.彫りB書体(手彫り風書体)

どちらかお好みでお選びいただけます。

彫A彫B

 

一般的には標準書体である「A書体」をお選びいただく方が多いです。

 

機械での書き込みに関しましては、残念ながら字体はお選びいただけません。

また、文字色も「金」と「朱」のみとなります。

 

手書きは、職人が手作業で書き込みますので3~4週間ほどお時間掛かります。

字体の指定はできませんのでご了承願います。

 

昔からあるお位牌ですと、彫ってない場合が多いので文字入れ方法を合わせたいお客様にはよろしいかと思います。

ただし、字体がかわりますのでまったく同じ仕上がりにする事は難しいです。

ご希望に添えない場合もございます。

 

機械での彫刻、書き込みの場合でしたら、バランスは配置などなるべくご希望に合わせられるよう

可能な範囲内で努めさせていただきますので、ご相談くださいませ。

 

また、何かわからないことがございましたら、お気軽にお問い合わせください(^^)

お待ちしております。

 

2016/2/12  新井
~・~・~・ふたきやは、手を合わせる人の思いを大切に、 一作、一作心を込めてお作りします。~・~・~・

 

◇お位牌通販のふたきやネットショップ

ブログ用店舗小

 

 

 

 

 

◆ふたきや 秩父店

〒368-0022

埼玉県秩父市中宮地町25-22

TEL:0494ー24ー4169

E-mail :info@futakiya.com
◆ふたきや 東松山店

〒355-0014

埼玉県東松山市松本町2-1-46

TEL:0493ー23ー4431